マンション売却、相場の調べ方は?

マンション査定のコツ

マンションを売りたい、またはマンション売却を考えるならば、より高値で売却したいと考えるのは当然ですね。ただし、実際にそれを実現するためには、様々な情報の収集およびマンション売却など不動産を売る場合のコツを知る必要があります。

査定が最初〜まず相場を把握する

まず、不動産取引を専門に扱う仲介業者に査定を依頼しましょう。
雑誌などで似たような物件を見ても少しは分かりますが、結局は正確な査定をしなければ決断もつかないわけなので、ここをグズグズ遅らせても意味はありません。

それに、査定は無料です。かつ、ネット上で完結する仕組みもあるので今すぐにでもやってみましょう。これで、一般的な相場がどのくらいなのかを把握することが出来ます。

マンション査定額が大幅にアップするコツがわかるサイトを見つけたので、こちらも参考になると思います→ あなたのマンション査定を110万円UP

査定業者の選び方のコツ

仲介業者は売主・買主双方の要望を折衷する立場にありますので、必然的に相場よりも低い金額での売却案を提案してきます。そのため、売却計画を相談する際は、買主が値切る価格の幅を予想しながら実際の相場額より高めに設定することが大切です。

ただしこれは、実際に仲介業者を決めてからのハナシなので、現時点では考えなくて良いでしょう。

一括査定サービスを賢く使う

それよりも、その「仲介業者(不動産会社)」に査定してもらう際に重要なのが複数の業者に査定依頼することです。
中古車レベルでも査定業者によって大きく差がつくのが当たり前です。まして動く金額の大きな不動産ですので、必ず大手の「一括査定サービス」を利用しましょう。

一括査定であることは各業者もわかっていますので、あなたにより有利な条件が提示される可能性が高いですよ。

査定後には売却の時期も一応検討する

相場の調査(査定)が終わったなら、売却する時期についても考慮する必要があります。1~3月の春先や9~11月の秋口は不動産が頻繁に売買される時期です。そのため需要が高まり、相場よりも高くマンションを売却できる可能性があります。

あまりお金をかけずにキレイにする

さらに、マンションの売却を検討しているなら、あなたのその物件を出来るだけ清潔に保つことも必要です。部屋の補修等が必要で「費用負担が少ない場合」は、積極的に改装等を行うことも重要です。(これはあとで補足します)
その結果、売却価格を高く設定することが可能になります。

今は、まずあなたのマンションがいくらで売却できるのかを把握することです。

ちなみに、僕は「イエウール」という大手の一括査定サイトでやってもらいました。
見れば分かりますが、住友不動産などの超一流の不動産会社はもちろん、地場の地元物件に強い不動産会社も参加している有名なサイトなので安心でしたよ。

 

>>> ネット無料査定を試してみる

マンション査定〜ベストな売却時期は?

マンション査定の時期

一年を通して見てみると、マンション売却には有利と不利な時期があります。有利な時期に売り出せば、それだけ速くマンション売却できますし、高額で売却することも可能です。
マンション売却を考えているなら、有利な時期に売り出すのも作戦の一つです。

マンション売却で有利な時期は、2月から3月

年が明けた2月から3月に有利となるのは、春から新生活を始める人が多いためです。
3月から4月にかけては、転勤などの影響で引っ越しをする人が増えます。

引っ越しが増えると言うことは、中古マンションの需要も増えます。多少値段が高くても、この時期はマンションを購入する人が多くなるので、速く高くマンション売却することが可能なわけです。

また、2月から3月の春先ほどではないにしろ、秋口も中古マンションの需要が増えます。具体的には、9月から11月にかけてです。9月から11月にかけて需要が増えるのは、春に入園する幼稚園や保育園の手続きを新住所で行なうためです。

そのため中古マンションの需要が増えるので、マンション売却も有利に行なうことができます。

マンション売却で有利なのは、年明けから春先までと、夏の終わりから秋にかけてになります。売却までに時間がある方は、これらの時期を狙って売りに出すと良いでしょう。

ただし、高く売却できるかは、立地条件や広さなども重要なポイントです。すべての条件が良いと、有利な時期以外でも不利にはなりません。

マンションのリフォームで高く売れる?

マンションのリフォーム

自身が購入したマンションを売却する場合に、リフォームを施して売却することが良いのか否かという問題を考えると、まったく意味はが無いわけではないが、あまりお勧めできないといったところです(^^;

自分がマンションを購入する際に、インテリアや間取りに凝ったはずで、いくつもの物件を比較したでしょう。しかし、売却時点ではすでに年数が経過しており、それのみでも高くは売れない要因となります。

リフォームでお部屋をリニューアルして転売を有利にしようと考えるのも分かりますが、どれだけのリフォーム費用をかけるかが問題であり、費用をかけたのちに売れないといったことも想定しておかなくてはいけません。

都心や駅前以外はカンタンではない

都市部ではマンション価格は上がっており、地方でも中央駅ターミナル周辺では価格は上昇するも、周辺地や遠隔地ではそれほど上がっておらず、マンション売却も難しい状態です。

そんな状況で、あなたなりに考えたリフォームを行っても、購入希望者の趣味との相違があれば、絵に描いた餅となります。それに、設備を直し、間取り変更やクロス等の張り替えを全面的に行えば、数百万円もかかることがあります。これで売れなければ大損です。

いずれにしても、現在の査定額がいったいいくらなのかを知ることが必要です。希望とあまりにも違う場合は、そこで改めて考えてみることをオススめします(^^)

↓↓↓ 僕が以前、査定してもらったサイトです ↓↓↓

ページの先頭へ